風よ伝えて(爺さんのブラジル移住)第156段

美容師養成学校に行き始める

 4月15日、伯の美容師養成学校への登校の初日であった。

 まだ、明け切らない雨の中を、学校で使う道具を入れた大きなバッグを持ち、伯は1人で登校していった。

 サンパウロのバスには、時刻表がない。

 あったとしても、道路の混み具合で、正確な時刻に、各停留所に到着することは困難と思われる。

 順調に運行出来たなら、ヘプブリカにある学校まで1時間半くらいで行くことができる。

 道路の混雑状況で、バスに乗っている時間がどのくらいの時間かが判らずに、早めに登校していった。

 地下鉄は、アルメニアから4つ目の駅のセで乗り継ぎ、そこから2つ目のヘプブリカで降りて行くのが普通と思っていたら、角田君が、もっと短時間で行ける乗り継ぎ方がある事をメールで教えてくれた。

 アルメニアから2つ目の駅のルースで乗り継ぐと、乗り継いで一1つ目の駅がヘプブリカであった。

 通学時間を短縮することができた。

 また、角田君の住む町の駅は、この路線で行くことが出来るようだ。

 

 いよいよ始まった。

 伯は、今からの1年と数ヶ月の間、週に3日通学することになる。

 伯の事だから、頑張ると思う。

 伯は、日本で仕事をしていた頃に、3年間、月曜日から金曜日まで、高浜市から名古屋まで通学していた。

 「モード学園」の夜学部であった。

 会社の計らいで、朝8時の始業を6時半からにしてもらい、16時半に仕事を切り上げ、それからの通学であった。

 1日も休ますに通学したが、4年目にブラジルの家族からの連絡で、ブラジルに帰ることになり、卒業をすることはできなかった。

 それでも、良く頑張った。

 そんな経験があるから、きっと、こんどは、卒業出来ると思っている。

 

 もう、戻ることはない。

 美容院開業を目指し、頑張れ!

 伯がいない間、私はみそ汁とすき焼き風に肉と野菜を煮込んだ。

 醤油、みりん、料理酒を使って作った。

 我ながら、うまく出来た。

 少しくらい手伝ってやらなくては・・・。

 

 昼過ぎ2時少し前、伯は帰ってきた。

 疲れたという雰囲気はなかった。

 2人して、遅い昼飯を食べた。

 私の作った、鍋を文句も言わずに食べてくれた。

 文句を言うはずがない。

 「うまいものは、うまいのである。」

 食べながら、学校での出来事を話してくれた。

 技術は、カーリングを勉強したようであった。

 先生達と生徒達との話で、先生のそれぞれの性格とか、生徒の中のAさん、Bさん、それぞれの話。

 私はそれを聞いてやるしかできない。

 ただ1つ。

 「美容室を開業すると、色々な客が来るが、それぞれに対応する力をつけなくては・・・。」とアドバイスをした。

 伯は、承知していると思う。

 技術との二本立てでなければいけない。

 私の伯への手伝いは、伯の気持を陰で支えることであると思っている。

       朝の雨 大きな袋に 道具詰め

            伯の心は 希望に満ちたり

0コメント

  • 1000 / 1000