風よ伝えて(爺さんのブラジル移住)第87段

スタートラインに立つ


 今朝は、すがすがしい風が心地よかった。

 けれど、1昨日まで、毎朝鳴いていたサビア君が昨日、今日と2日の間、鳴き声がない。

 求愛が成功し、新婚旅行に行っているのかなあ。

であれば、それでよいことなのだが。

 帰ってきて、また美しい声を聞かせてくれ。

 新しく始めようとしている生活のため、サンパウロの警察本部と、不動産取引業のための専門学校を訪れた。

 近頃は、赤い色が連続して私の周囲を囲んでいる。

 ついでに、新しく始めようとすることに対して、真っ直ぐに向かい合うために、「真っ赤なフンドシ」を締め直しておこう。

 伯と2人での外出である。

 バス、地下鉄、郊外電車を乗り継ぎ、サンパウロの警察本部に行った。

 外国人が、自動車運転免許を取得したいときは、その旨を交通局に申請しなくてはならない。

 その申請書を作成してもらうためである。

 サンパウロの警察本部は、日本のように、官庁街にあるのでなく、静かな街並みの中に、どっしりとその姿を構えていた。

 入り口に続く石段を登り、建物に入ると、数人の警察官が警備のために、ところどころに配置されていた。

 受付事務の窓口へ行く前に、本人確認の作業があった。

 身分証明書を提示し、要件を述べ、そして、顔写真を撮られ、受付事務の窓口を教えてもらい、中に入った。

 歴代の所長と思われる人の写真が飾られている部屋を横目に、受付の窓口についた。

 窓口には、女性の事務員が愛想のない顔つきで、事務を執っていた。

 伯が要件を言うと、事務員は、指先を舌でペロリとやり、A4の書類を1枚取り出し、伯に渡した。

 その申請用紙に、私の個人情報を記入し、サインをし、提出した。

 サインは、漢字ではなく、初めてアルファベットで記入した。

 事務手続きが終わった。

 10日後以降に、申請書を貰いに、再度、来ることになる。

 警察本部から、郊外電車の駅まで、1キロほどの距離であったが、伯と2人で、冗談を言いながら、郊外電車の駅に向かった。

 伯が、「明日になると、サンパウロの街中のあちこちに写真が張られているよ・・・。」

 警察本部で、私は顔写真を撮られている。

 『WANTED』

 『特徴、ギョロ目、短足、ちんちくりん』

 ここから郊外電車に乗り、地下鉄に乗り継ぎ、伯が不動産取引業の勉強をしたいとする学校まで行った。

 学校は、地下鉄の「セ」の駅と「リベルダージ」の駅を1辺とする正3角形の位置にある。

 1辺の距離は、1キロくらいである。

 地下鉄を「セ」の駅で降り、歩きはじめた。

 いつの時代に建てられたのか、古い建築様式と思われる石造りの建物が多く建ち並んでいる。

 大きな教会が、街並みの古さを代表しているように見える。

 きっと、この教会の頂上の十字架は、「セ」の街では1番高い場所にあり、街のシンボルとなっているのであろう。

 教会の前の石段には人々が腰をかけ、休息していた。

 かなり疲れているようにみえる人もいる。

 きっと、教会の聖母は、彼らを救ってくれるでしょう。

 歩道は、デコボコが少なく、街路樹は整備され、涼しさを感じさせてくれていた。

 今までブラジルで見てきた街並みとしては、この「セ」は1番美しい街並みと思う。

 が、やはり、急な坂道が多かった。

 少し汗ばんだ状態で、学校についた。

 学校といっても、ビルの1フロアーを借り、教室が3部屋、あとは小さな図書館と、事務を執る部屋があるだけであった。

 事務の部屋で、伯は勉強をしたい旨を説明した。

 試験があるとのことで、パソコンに向かい、伯は試験を開始した。

 形式的な試験と思われる。

 私は、図書館に入り、本の背表紙のアルファベットをゆっくりと読んでみた。

 何が書かれているか、わかるはずがない。

 小さな図書館を1回りし、伯が試験をしている部屋に戻った。

 伯と遠い位置にある椅子に座った。

 昼の12時になり、休憩になったであろう、まだ20歳になっていないと思われる若者が他の部屋から10人ほど出てきた。

 勉強をし、何やらの資格を取ろうとしている若者であろう。

 その若者たちと一緒に、伯は、今から勉強を始めるのである。

 『がんばれ 伯!』

 30分ほど過ぎ、パソコンの置かれた机に顔を伏せて、私は眠ってしまった。

 疲れはそんなにはないが、待ちくたびれてしまったのだった。

 眠ってしまったのは、ほんの10分ほどで、目が覚めた時でも、まだ、伯の試験は終ってはいなかった。

 伯は、パソコンとにらめっこを続けていた。

・・・・・・・・

 伯が席を立ち、事務員に終わったことを伝えた。

・・・・・・・・

 「合格」である。

 とりあえず、「おめでとう」

 後日、学校からインターネットで、入学許可が下りたとの連絡があるとのことである。

 そして、テキストなどを貰いに再度、来なくてはならない。

 帰り道、2人でペチャクチャ、今からやらなければならないことなどを、話しながら「セ」の駅まで歩いた。

 『日本街』の「リベルダージ」は「セ」の駅の隣である。

 リベルダージに行き、少し遅い昼食を食べた。

 久しぶりの「寿司」であった。

 日本の寿司と違い、「シャリ」がでかく、寿司を1つ口に入れただけでも、口いっぱいになってしまった。

 でも、美味しかった。

 伯と私のブラジルでの実務が目の前に迫ってきている。

 手伝いができることは、手伝ってやるよ。

 一緒に手を取り合って、頑張っていこう!


     1歩なり 1歩なくして 始まらぬ

           2人で進もう 1歩を重ねつ

地下鉄のリベルダージの隣の駅の近くに建っている大聖堂。

その大聖堂の前に造られた石段では、人々が思い思いに座り、休憩していた。

0コメント

  • 1000 / 1000