風よ伝えて(爺さんのブラジル移住)第369段

ブラジリア(その7)


 ブラジリアへの旅は、広々とし美しい街並みを満喫することが出来た。

 ブラジリアの伯母さん宅に伺ったのは、ブラジリアの街を物見遊山する1番の目的ではなかった。

 いうならば、街の見物は、2番目の目的であった。

 伯母さんの家族が経営する農場は、日本の卸売り市場の機能を持っている“セアザ”という市場の販売権利を有している。

 昔から権利を持って見えて、顔なじみの客が多いようである。

 自分たちの農場で出来た野菜、果物は勿論販売しているが、他に、私たちが作っている巻き寿司、白餅、饅頭なども農場で作り、販売している。

 もう1つ、私たちが今度やってみようとしている“とうふ”も作ってみえる。

 ここで、色々と話を聞き、実際に作ってみえるところを見せて頂いた。

 

 まず、とうふ・・・・。

 始めたばかりの私たちにとって、非常に興味深い。

 大豆を水につけておき、夜の11時から伯の従姉と従姉の旦那の2人で作業をしてみえた。

 朝方の5時ごろまでに80丁の豆腐を作る。

 「どうして夜中につくるのですか?」

 「昼間は、暑くて、とても・・・とても・・・」

 作業場の中は、本当に暑かった。

 私たちの作り方とほぼ同じであったが、処々、違ったやり方をしてみえた。

 私たちは、インターネットで見た通りのやり方であるが、やはり、長年の経験の中で、固有のやり方を考えてそれを実行してみえた。

 器具、道具も「これは…」と思う物を考案されていた。

 非常に参考になり、私たちもそのようにしたい・・・・・・と思っても、資金がいることで、少しづつしかやれないのがわかった。

 でも、少しづつでも・・・・やってみようではないか・・・・。

 

 寿司、白餅、饅頭などは、私たちが作っている方法と同じであったが、伯母さんを先頭に、従兄弟、

従姉妹、そして医学を勉強し、将来、医学の道に進みたいという18歳になる男の孫、日本語の教師を目指すこれも18歳の女の孫と、一族総出で作ってみえる。

 そして、自分の仕事が終わると、まだ終わっていない部署の仕事を手伝う。

 そして、仕事が丁寧すぎるほどであった。

 これが、食べ物作りの愛情の入れ方なのだ。

 「みんなでやろう・・・」

 伯母さんの考えが、全員に引き継がれ、強い絆を感じた。

 伯と私もあれやこれやお手伝いをさせてもらった。

 3月になれば、バザールが続く。

 このブラジリアでの収穫を生かし、頑張っていこうと思う。

【作業場や、器具、道具などの写真を撮らせて頂いたが、企業ノウハウがあると思われるので、写真や具体的な作業表現は、避けさせて頂きました。】

 有意義な、ブラジリアへの旅でした。

 今度は、飛行機で、お母さんを連れてまた、行きます。

 宜しく・・・・。

0コメント

  • 1000 / 1000